LEAF通信 (公式ブログ)

自立学習で成績アップ②

更新日:8月29日

こんにちは、LEAFの飯田です。

前回の記事「自立学習で成績アップ」の続きとして、記事を書きます。


前回の記事の最後に「こうした(自分で管理して学習する)自立学習を身につけるにはどうすれば良いのでしょうか。」と述べて記事を終えました。


その答えとしては、良い結果(学習成果・成績など)を出すことです。良い結果が出れば、褒められ楽しくなり、自ら学習する姿勢がみられるようになります。しかし、ここで終わってはいけません。自分で管理するまでになるには、どのようにしてこの良い結果を出せたのかを分析する必要があります。分析をしてその分析結果に基づき、自分で学習を進める。そして、次の結果(悪くても可)も、また分析し、その分析結果を次の自分の学習に反映させる。それを繰り返しているうちに、自分で管理し学習すること(LEAFの掲げる自立学習)が身につきます。


LEAFではテストが終了すると、必ず「テスト結果表」(テストまでの学


習についての振り返りシート)を生徒に書いてもらいます。この結果表は、テスト結果についての自分の勉強を分析することができるようになっています。


次の段階として、結果表(勉強についての自己分析ができている状態)に基づいて、生徒と話す機会を設けます。ここでの生徒との話し合いは、主に「次回のテストに向けての勉強方法の確認と自立学習に対し意識を向上させること」を目的に実施します。


これらの繰り返しで個々に差はありますが、自然とLEAFの掲げる自立学習が身についてきます。


これらの対応は学習塾としては当たり前のことかもしれませんが、その当たり前のことを徹底的かつ効果的にやることをLEAFの指導では大切にしています。



すみません、最後に、、、もう少し。

では、自立学習を身に付けるきっかけである「よい結果を出す」ためにはどうすればよいか?という質問がありますよね。


これについては次回に続きを書きます。








~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

個別ゼミLEAFでは、夏期講習2021を受け付けています。



*第一志望校に合格したい!

*成績を上げたい!

*何から勉強したらよいのかわからない!などなど。


夏休みから、個別ゼミLEAFで一緒に勉強を始めませんか?

個別ゼミLEAFの授業を初めて受講する方に限り、無料で夏期講習を受講できます。

責任指導を実践しているため、各学年定員を設けております。

受付は定員になり次第、終了とさせて頂きますので、お早目にご検討下さい!

詳しくは、コチラをご覧ください。

29回の閲覧