top of page
検索
  • 執筆者の写真leaf-fukui

高校合格実績(2024年)藤島高校受験者全員合格!

更新日:3月7日

高校合格実績(2024年)藤島高校受験者全員合格!

福井で話題の学習塾「個別ゼミLEAF」の飯田です。

昨日(2月29日)、県立高校の合格発表がありました。

今回は高校入試に向けてのLEAFの取り組みのご紹介と合わせて、今年の合格実績をご報告いたします。


今年もLEAFは、県立最難関である藤島高校の受験者4名全員が合格しました!合格者の中には、各中学の学年順位が10番以内に入れない生徒や、学診で400点に到達できなかった生徒も含まれています。このような状況の生徒がなぜ藤島高校に逆転合格できるのか、なぜLEAFが藤島高校合格に強いのか、という質問をよく入塾説明会でいただきます。


その理由は、LEAFが合格するための準備を徹底的かつ独自の方法で行っているからです。合格するための準備とは、「自分の弱点を知ってもらい、その弱点を補う問題の練習をする」「本番のテストの傾向を知ってもらい、その傾向に合わせた練習をする」ということです。そして、LEAFの独自の方法とは、「LEAFオリジナルの対応表」と「LEAFオリジナル進度表」を活用することです。これらの表は、過去の入試問題の分析に基づいて作成されており、生徒が合格するための準備をするのに役立ちます。また、担当講師がこれらの表を使って生徒の進捗を見守り、必要な場合には個別のサポートやアドバイスを提供します。このような細やかなサポートで、生徒たちは自信を持って入試に臨むことができるのです。


「頑張って勉強をすれば合格できる」と言われても、具体的な方法が分からなければ合格はできません。LEAFでは、生徒が自らの目標に向かって効果的に学習できるようにサポートしています。そして、このアプローチは藤島高校だけでなく、他の県立高校や私立校、国立高専の入試にも適用されています。そのため、LEAF生は今年も様々な学校で大逆転合格を果たしています。


<大逆転合格の例>

その1:学力診断テストが240点台で福井高専合格

その2:学力診断テストが110点台で啓新高校合格

その3:学力診断テストが230点台で北陸高校進学合格

その4:12月福井新聞模試がD判定で藤島高校合格

その5:12月福井新聞模試がE判定で福井高専合格

その6:4月確認テストが350点台で藤島高校合格

※上記表示に定員割れの学校・学科は含まれません。


さらに、

藤島高校受験者全員合格は3年連続達成!

福井高校併願特待生合格者は2年連続輩出!


<2024年高校入試合格実績>

藤島高校 4名

高志高校 1名

福井高専 3名

金津高校 1名

羽水高校 3名

福井商業 1名


仁愛女子 GS 1名

     特進 2名

     英留 1名

北陸   特進 3名

福井   特進 4名(うち1名特待)


その他、多数合格!

閲覧数:388回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page