top of page
検索
  • sanno1

入試までまであと少し、本番までの勉強のしかた

個別ゼミLEAFの三野です。

学診以降の生徒面談・保護者面談や、冬期講習も今年度は参加者が多く非常に忙しくしていたため、ブログの更新が止まっていました。今後もまだまだ忙しい時期は続きますが、また少しずつLEAFの指導や勉強についてのブログを更新していければと思います。


さて、いよいよ高校の一般入試が近づいてきました。この記事では「残り少ない時間で、本番までに何を勉強すればよいのか?」について話していこうと思います。


LEAFがお勧めしている勉強の第1位は「時間配分の計画を見直す」です。入試は時間内に解くのが難しい、時間に追われるテストとなっております。限られた時間でなるべくいい結果が出せるように、どういった順番で解いていくのか、どこにどのくらい時間をかけるのか、優先的に解く問題・飛ばす問題はどれか、今までと傾向が異なる問題が出たらどうするかなど、時間配分の計画をもう一度見直しておきましょう。この作業は今からでもやっておくと効果があると思います。塾に通っていない中学生は時間配分についての意識が甘いので、しっかり準備しておくと大きなアドバンテージになります。


その他のおすすめの勉強としては「英作文のパターンを見直す」です。LEAFでは県立・私立の過去問を分析し、オリジナルの入試英作文対策プリントを作成しています。プリントと名付けていますが、30ページほどのボリュームがある冊子です。基本的な作文のパターンを覚える「パターン練習用」、県立対策の「県立演習用」、私立対策の「私立演習用」の3冊を志望校に合わせて配布しています。今までに覚えたパターンを見直す、もう少し新たなパターンを覚えるといった作業にはそれほど時間がかからないので、英作文に不安がある場合には取り組んでいきましょう。なお、学診に向けても同じように対策プリントを配布していますが、今年度の学診では一番基本的なパターンで対応できる問題が出ました。そのため、英語が苦手な生徒でも18点中16点や14点などよい点数を取ってきてくれました。効果抜群の英作文対策プリントで入試の準備を進めていきましょう。


また、社会の公民のような範囲が狭い単元の勉強も効果が出やすいと思います。その他にも、テキストの漢字まとめだけ見直す、理科・社会の不安な単元だけ見直すなど、今から全範囲勉強することは難しいので、範囲を絞っておさらいするという勉強は効果的だと思います。のこりわずかですが、できる限りの準備をすることが大切です。入試本番まであと少し、頑張りましょう!


========================================

無料体験授業受付中!


以下のことでお困りの生徒さん、この機会にLEAFの無料体験に参加してみて下さい。


・部活や習い事で塾に通える日が少ない。

・もっと勉強を好きになりたい。

・受験勉強で困らない学習習慣を身につけたい。

・学校の宿題以外の勉強をしたことがない。

・今の成績で志望校に合格できるか心配だ。

・塾で学校と同じ授業を受ける意味が分からない。

・塾に通っているが成績が上がらない。

​・勉強ができるようになりたい。               

などなど。。


▼お問い合わせ▼

《電話》0120-43-9294

《WEB》https://www.leaf.fukui.jp/

 担当:三野・竹内


閲覧数:117回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page